ガジェット

手持ちのスマートフォンにmineo(マイネオ)の格安SIMを挿して使ってみた

私の持っている携帯は会社と兼用になっています。プライベートの電話も仕事の電話も同じ携帯にかかってくるような状態です。個人情報の問題などもあり、プライベートの電話を別に持つべきなんじゃないか?と思うようになりました。そして以前使っていたスマホが余っていたのでこれを利用するような形でプライベート用の携帯として使おうかと思いました。

mineo(マイネオ)とは?

どうせなら安い方がいいということで今更ながらMVNO(格安SIM)と契約しようと思い、調べてみた上でmineo(マイネオ)と契約することにしました。MVNOのメリットと重なる部分が多いですがこの会社の格安SIMのメリット、デメリットを上げてみます。

mineo(マイネオ)のメリット

  • 月額料金が安い、キャリアでは月額約8,000円→約1,600円(音声SIMの場合)になる。
  • キャリアなどである2年縛りなどの縛り契約がない。
  • データ容量/月などで様々な料金プランが選べる。
  • 質問できるコミュニティサイトがある。
  • データ容量を家族や友人とシェアすることができ、翌月に繰越もできる。

mineo(マイネオ)のデメリット

  • 昼間、夕方、夜などで利用者の多い時間帯はデータ速度が遅くなる。
  • キャリアメールが使えない。
  • 初期設定を自分でする必要がある。

メリット、デメリットがありますが今まで使っていた端末がそのまま使えるなど個人的にはメリットの方が大きいです。

mineo(マイネオ)と契約する

格安SIM会社と契約するにはエントリーパッケージを購入すると契約事務手数料(3,000円)が無料になるのでこちらを購入するとお得です。ちなみに家電量販店とネット通販などでは価格差が結構あるので注意が必要です。このパッケージに書かれているエントリーコードを使用してこの会社のホームページで契約を行います。

申込み後、SIMカードが到着

申し込みしてから、約1週間ほどでSIMカードが到着しました。SIMカードと同封して送られてきた「格安SIMご利用ガイド」を見ながら自分で設定しますが、説明自体が分かりやすいので設定で迷うことは特にありません。

SIMカードを挿す

iPhoneにSIMカードを挿れる

スマホのSIMカードスロットにSIM取り出しツールを差し込んでSIMカードを取り付けます。

プロファイルのインストール

プロファイルをインストールします、これで設定は完了です。

mineo(マイネオ)の通信速度は?

格安SIMというと気になるのが通信速度ですが朝(7時頃)下り15.6Mbps、上り9.97Mbps、昼(12時頃)下り1.43Mbps、上り14.39Mbpsという感じです。さすがに昼はデータ速度が落ちますが体感的にはキャリアと大きく変わるということはありません。

mineo(マイネオ)の通話品質は?

メインで使っているのがキャリアなのでほとんど通話はしていませんが通話品質自体は良好でした。キャリアのような10分かけ放題を適用しなければ通話料金は高い(20円/30秒)ですがでんわアプリを利用すると10円/30秒で通話できます。

まとめ

格安SIMというと安い分、品質に問題があるんじゃないかと何となく想像していましたがこの会社に関しては全くそういうことはなく通信、通話品質とも非常に満足度の高いものでした。昼間の混雑する時間帯に関しては少し通信速度が落ちるところもありますが、動画など負荷の高い使い方をしなければそれほど問題にはならないのではないでしょうか。プライベート用の携帯でしたが手軽に使えてこの会社にしてよかったなと思いました。今の所は古い端末ですが、使用用途で不足を感じるようになったら他の端末も考えてみたいと思います。