MENU

独自ドメインのブログ(はてなブログ)のHTTPS化をやってみた話

このブログを始めて1年ちょっと、はてなブログPro&独自ドメインに移行しました

事情とその手順については機会があったらまた記事にしたいと思いますが

はてなブログ開発ブログを読んでいたら、独自ドメイン運用されているはてなブログが

HTTPS配信に対応したという記事がアップされました

 

staff.hatenablog.com

 

はてなブログでのドメインでの配信は2018年4月から対応開始したようですね

そして独自ドメインのブログが2018年6月11日からHTTPS配信に対応したようです

 

そもそもHTTPSとは何ぞやってところからよく分からない私ですが色々と調べてみて

ブログ運営には必要かも?とも思い、思い切って今回HTTPS化に踏み切ってみました

今回はこのブログのHTTPSへの移行について書いてみたいと思います

 

HTTPSとは?

 

従来のURLはhttpから始まるアドレスが一般的ですがこれに「s」を付加することで

httpによる通信を安全(セキュア)に行うことが出来るものがhttpsということ

そしてインターネットでデータを暗号化した通信する仕組みの一つがSSLらしい

HTTPSでの配信対応したことではてなブログを常時安全に閲覧することが出来る

これが今回独自ドメインでのはてなブログでも可能になったということだそうです

 

HTTPS - Wikipedia

 

httpの状態のこのブログの状態はこんな感じです

 

f:id:bak3:20180621013808j:plain

 

ブラウザはchromeですがURLの前の部分に「i」マークが出て

「このサイトの接続は完全には保護されていません」と表示されます

Googleとしてはhttps接続を推奨する方向に向かっているようで検索エンジンにも

httpsを上位に載せるということが言え、Googleからの評価も高まるそうです

また、閲覧ユーザーの個人情報を守ることが出来るメリットが大きいと思います

こういった安全面などメリットが大きいと思いHTTPS化をやってみました

 

このHTTPSにあたって念の為、ブログのバックアップを行いました

 

はてなブログでの設定

 

はてなブログでのHTTPS化は以下の手順で行っていきます

 

1.はてなブログの管理画面から設定する

はてなブログの「設定」→「詳細設定」→「HTTPS配信の状況を確認する」をクリック

 

f:id:bak3:20180621020642j:plain

クリックすると「一度HTTPS配信を有効にすると元に戻せません」と出て怖いですが

勇気を持って押してみます

しばらくすると「有効」に変わりますのでこれでOKです

 

2.「http」→「https」へ変更する

各記事のHTML編集を確認して「http」表記されている部分を「https」に書き換えます

このブログの場合、画像の一部が「http」表記されている状態だったので

これを「https」に書き換えました

デザインCSSの部分も場合によっては書き換える必要がありますが私の場合は必要ありませんでした

ただ、ブログのデザインがおかしくなってしまうような人も多いようなので安易な移行には注意が必要です

とはいえこのブログは記事数も多くないしデザインもシンプルなので設定が不要だったのかもしれません

 

Googleアナリティクスの設定

 

このブログもですが大半の方がGoogleアナリティクスやサーチコンソールの設定を行っていると思います

f:id:bak3:20180621025201j:plain

Googleアナリティクスの設定はこのURLを「https」に切り替えるだけです

 

Googleサーチコンソールの設定

 

サーチコンソールに関してはサイトの登録をやりなおす必要があります

うっかり画像を保存し忘れたのですが

手順については「プロパティの追加」からhttpsのURLを入力して登録すればOKです

 

f:id:bak3:20180621030402j:plain

この画面が出れば登録は完了です

 

HTTPS化した後の確認

 

全ての設定が出来た後、ブラウザのURLを確認します

 

f:id:bak3:20180621031322j:plain

 

これでhttpsでの通信が出来たようです

 

まとめ

 

このブログのHTTPS化にあたって以上のような設定を行いましたが

記事数が多くないのでhttpsへの書き換えがそれほど多くなかったため

 思ったよりも簡単に移行が出来たので、思い切ってやってみてよかったと思います

備忘録のつもりで記事を作ってみましたが、元に戻れないため

自分にとってはあまり意味のない記事になってしまったかもしれません

個人情報などを守る意味でHTTPSを導入する意味合いは大きいと思いますが

HTTPSの配信対応の6月11日から日が浅いためリスクも少なからずあるとも言えますが

Googleのhttps化推奨という実情を考えても、あくまで自己責任となりますが

興味のある方はHTTPS化へと踏み切ってみてはいかがでしょうか

このブログのアイコンとヘッダーをココナラで書いてもらった話

このブログもお陰様で1年続けることが出来ました

こんなブログでもPV数がちょっとづつですが増えてきたのは

読んで下さる皆様のおかげです、本当にありがとうございます

 

今までアイコンやヘッダーの画像がのっぺらぼうで何の設定もしていませんでした

私は絵心がなくてアイコンや画像のようなものを自分で作るというのは難しい

かといって他の方のブログを見ると知り合いに書いてもらったみたいな方も多くて

とてもうらやましいなぁと思っていました

とは言え私にはイラストを書ける知り合いはいない

 

そんな人が意外に多いんじゃないかな?とも思い

イラストレーターさんが依頼を求めるようなマッチングサービスはないかな?と思い

そう思って色々と調べてみるとココナラというサービスを見つけました

 

ココナラとは?

 

coconala.com

 

ココナラは「知識・スキル・経験」を売り買いできるフリーマーケットです

イラストをはじめプログラミングや作曲など、様々なスキルが売り買いされています

安いものだとワンコイン(500円)から依頼することが出来るのでとても気軽に

希望のサービスを得ることが出来ます

 

 

 

イラストレーターさんを選ぶ

 

早速ココナラから「似顔絵・イラスト」→「アイコン作成」から見てみると

かわいい系のイラストからポップだったり、ゆるいイラストまで

様々なイラストレーターさんがいらっしゃって目移りしてしまいます

また、価格も500円~5,000円くらいが相場なようでこちらも様々です

 

coconala.com

 

 そんな中で私がコレと思って選んだ方がchrsさん。

ポップなタッチで柔らかい雰囲気の素敵なプロのイラストレーターさんです

今回は2,000円にオプションのファッション(+1,000円)とバナー(2,000円)も合わせて

5,000円に300円のクーポンがあったので4,700円でした

 

アイコンを依頼してみよう!

 

購入後、トークルームでこちらの希望を相手にお伝えします

私の希望は

 

性 別:男性         髪 型:普通の髪型(脱帽)

髪 色:若干茶がかかった黒  表 情:笑顔(歯は見えない程度)

雰囲気:柔らかい感じ      色 :ピンク、黄色以外の色で

 顔 :丸顔         服 装:作業着(薄いグリーンかグレー)

 

こんな感じでした、自分で言うのも何ですが抽象的なイメージです

作業着の参考資料として無料写真サイトのイメージ画像をお知らせしました

また、今回バナー画像も依頼していたのですが

こちらのデザインはお任せでお願いしました 

 

髪型については普通の髪型が希望でしたが

chrsさんよりサンプル画像から希望を教えて欲しいと言われたので

再度ご連絡をして希望を選ばせてもらいました

 

アイコンの完成

 

f:id:bak3:20180608014517j:plain

 

待つこと150分、もう 完成しましたーと連絡が来ました

さすがプロ、仕事が早いです、早速アイコン画像を確認します

 

今回のアイコンで私がこだわったのが作業着と柔らかい雰囲気でしたが

とてもいい感じに表現されていてお気に入りです

イメージ通りだったので修正なしの一発OK

同時にヘッダーもお願いしましたがノーアイディアの私の要望と当ブログの名前から

素敵なヘッダーを作って頂きました

ミントブルーを基調とした明るくしっかりとしたデザインをイメージされ

雑記帳から少し賑やかにシンプルに文具を散らしてみたとのことです

大満足、本当におすすめです

 

実はバナーサイズを誤発注してしまい再度、chrsさんに作り直してもらいました

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした

 

まとめ

 

今回作って頂いたアイコンはちょうど1周年を迎えた当ブログの素敵な記念になりました

オリジナルなアイコンにはとても愛着が湧き、これから大切に使っていこうと思います

また、新たなイラストを作ってもらう時にはお願いしようと思います

 

TwitterやSNSのアイコンを作ってもらおうという時には

ココナラでお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

Windows10でマザーボード交換後のライセンス認証について。

私が使っているパソコンは自作PCなのですが外付けHDDにUSBやeSATA接続で

ファイルのコピーを行うとかなりの確率でフリーズしてしまう症状に悩んでいました

色々と調べたものの解決策に辿り着くことが出来ませんでした

 

今までだましだましフリーズのたびに再起動を繰り返して対応してきましたが

抜本的に解決したかったのですが構成パーツが中途半端な古さで

全部のパーツを組み直しするには少しもったいないかな?と思いました。

そこで原因として一番怪しいのがマザーボードだと思い

この際、マザーボードだけを交換することにしました。

ただ、CPUはSkylakeのままなのでマザーボードも必然的に最新のZ390ではなく

Z290を探して購入することになりました。

 

 交換前の構成

      パーツ       構成
      CPU       Intel Core i7 6700K
      マザーボード       Asus Z170-A
      メモリ       CT2K8G4DFD8213 DDR4-17000 8GBx2
      ストレージ       Transcend TS512GSSD370S
      グラフィックカード       MSI Radeon RX 480 GAMING X 8G
      電源       RM750x CP-9020179-JP
      OS       Windows10 Home 64bit

 

交換後の構成

      パーツ       構成
      CPU       Intel Core i7 6700K
      マザーボード       GIGABYTE Z270X-Ultra Gaming
      メモリ       CT2K8G4DFD8213 DDR4-17000 8GBx2
      ストレージ       Transcend TS512GSSD370S
      グラフィックカード       MSI Radeon RX 480 GAMING X 8G
      電源       RM750x CP-9020179-JP
      OS       Windows10 Home 64bit

 

f:id:bak3:20180518032832j:plain

1.Windows10のバージョン情報の確認

問題なのがWindows10のライセンス認証が必要になるかということですが

V1607 Anniversary Update以降のWindows10ならMicrosoftアカウントと紐づけされて

ライセンス認証が容易だということなのでこれを確認します。

 

f:id:bak3:20180518033432j:plain

2.Microsoftアカウントの紐付け

また、Microsoftアカウントの登録を行っていない場合は登録します。

「設定」 →「 アカウント」→ 「ユーザーの情報」から

Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

 

3.マザーボードの交換

今回はASUSのZ170-AからGIGABYTE Z270X-Ultra Gamingに変更しました。

特にパーツ自体に思い入れがあっての変更ではなく今の時期でZ270マザーボードで出物があったのでこのパーツにしてみました。

Z170からZ270チップセットへの交換なので大きくは変わらないですが

新しいチップセットなのでフリーズの症状が改善すればいいと思っています。

 

f:id:bak3:20180518035555j:plain

4.Windows10のライセンス認証

組み終わったらWindows10を起動してライセンス認証を行おうと思ったのですが

そのまま問題なく起動できてしまいライセンス認証の作業も必要ありませんでした

 マザーボードなど基幹部品の交換はライセンス認証必須になると思っていたので

あまりに簡単なため拍子抜けしてしまいました。

 

 まとめ

マザーボード交換が簡単に済み、ライセンス認証も昔のように電話をかけたりせず

気軽にパーツ交換ができるので自作派のユーザーにとっては便利になったと思います

ただし、MicrosoftアカウントをWindwos10に紐付けしておくのを忘れないようにする

必要があります。

マザーボード交換後、Windows10起動してファイルコピーを行ったところ

フリーズする症状がなくなり改善できました。

最悪、パーツ総入れ替えも想定していたので、かなり節約出来ました

とりあえずSkylakeのまましばらく使い続けられそうです。

第三種冷凍機械責任者の講習と勉強法について。

f:id:bak3:20180405190426j:plain

ビルメン4点セットと呼ばれる資格があります。

第二種電気工事士危険物取扱者乙種4類、2級ボイラー技士と並ぶ資格が

第三種冷凍機械責任者です。

 

上位資格として第二種冷凍機械責任者、第一種冷凍機械責任者という資格が

ありますが、こちらは300トン未満(以上)の冷凍設備の責任者になることなどが

出来ることに加え、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)講習取得に必要な

実務経験として認められています。

ビル管理士を講習で取得を目指される方は二種、一種の取得は狙い目かもしれません。

そういった実状から第三種冷凍機械責任者の立ち位置はビルメンなどは資格手当や

資格取得に伴う冷凍機会に関する知識の証明という形が多いのではないでしょうか。

 

この資格は1年に1回の試験を受験して合格することで資格を取得できます。

資格の難易度としてはビルメン4点セットの中では取得しづらい資格となっており

平成26年度あたりから難化傾向になってきているようです。

ただ、この資格には国家資格以外に抜け道のような方法があり

第三種冷凍機械責任者の資格は国家試験以外に高圧ガス保安協会が主催する

3日間の講習会に参加して後日催される検定試験に合格すると

「法令」「保安管理技術」の2科目の内、「保安管理技術」が免除されます。

 

この資格に関しては仕事であまり関連がないので受けるつもりはなかったのですが

友人(ニート)がビルメンを目指すというのでビルメン4点セットの取得を勧めたところ

三冷の講習会を受講するという話を聞いたので私も受けてみることにしました。

 

インターネットで申し込みを行い、使用テキストを東京都高圧ガス保安協会 に

「SIによる初級冷凍受験テキスト」(2,570円)、「冷凍関係法規集」(1,570円)を注文し

事前に用意してから講習会に臨みました。

 

講習会について

講習会は東京では2/5~2/7に文京区の全国家電会館で行われました。

講習会に参加している人数は150名程度、ほぼ満席のような状態。

9:30から講習会が開始し、1日目~2日目は保安管理技術が行われ

1時間~1時間30分ごとに休憩時間が設けられるようなスケジュールで

テキストを中心に講義は進められ、一部パワーポイントを用いたものでした。

 

講義では講師が検定試験で重要項目と思われる部分を

「アンダーラインを引いて下さい」、「二重線でラインをを引いて下さい」と

それぞれ指示をしてくれる部分は検定試験で出る可能性が高い箇所です。

検定試験に向けて、この部分を読み込んでいくことが重要になります。

とは言ってもテキストのほぼ全てが重要と言っても良いのでアンダーラインは

ほぼ全てのページに引かれていきました。

1日目と2日目の講師が違っていたので講義内容にも個性があって

淡々とアンダーラインを引いて解説していく1日目の講師よりも

最後の1時間で重要項目をまとめていく2日目の講師の方が私には相性が良かったです。

 3日目は法令部分の講義でしたが検定試験で出題されるのは保安管理技術なので

法令は範囲外ということで聞いてはいましたがほぼ流すような状態(ほぼ寝てました)

でしたが、こんな感じで3日間の講義が終了しました。

 

この講習会で講義はもちろん重要なのですが、講義の合間の休憩時間で

検定試験の過去問題集(東京オリジナルらしい)を購入しておくことも大事です。

検定試験の過去問題はヤフオクなどでも入手可能ですが

この過去問集は検定問題の前後期6年分が掲載されています。

今回から試験問題の持ち帰りが禁止になり入手が難しくなってきたようですが

 これで検定試験に向けて過去問の演習が行えると思います。

 

検定試験に向けた勉強法

検定試験に向けて、講習会でアンダーラインを引いた部分を中心に

「SIによる初級冷凍受験テキスト」を3回読み返しました。

並行して購入した検定過去問集がB5版で、文字が小さいと感じてしまう老眼の私は

この本を両面でA3に拡大コピーし、問題を3回反復して回していきました。

この冷凍機械の試験問題の厄介なところは4つの選択肢のうちどれがいくつ正しいのか

各選択肢が正しいか間違っているかを見極める必要があります。

各選択肢が正しいか間違っているかをしっかりと理解するため正しい選択肢だけでなく 

間違っている選択肢は、どう間違っているのか分かるよう書き込みをしました。

 

f:id:bak3:20180405190449j:plain

 検定試験

検定試験は3/4、会場は同じく東京湯島の全国家電会館で行われました。

今回の試験から問題用紙が持ち帰り不可になったようです。

試験の翌日15時から試験問題と解答が発表になりましたが、自分の解答がどうだったか

覚えておかないと合格発表まで震えて眠ることになりますので注意が必要です。

試験内容は講師が説明したアンダーライン部分から出題されました。

やはり講習内容が重要だなと実感しました。

 

まとめ

三種冷凍の講習会と言えば出席さえすれば検定試験の内容を教えてくれるという

軽いイメージで受講したのですが、予想よりも大変だなと実感しました。

ただ、講習会自体は検定試験の重要要点を教えてもらえるのは事実であり

それらをベースに勉強すれば合格に近づくと思います。

とりあえず3/29に合格発表があり、何とか滑り込むことが出来ました。

これで11月の国家試験に向けて弾みが付きそうです。

 今回の東京の検定合格率は約53%でした、高いか低いか何とも言えませんが

国家試験とは別に試験のチャンスが増えるとも言えると思いますので

受講料の15,700円の価値があると思われる方は受けてみてはいかがでしょうか?

1級電気工事施工管理技士に独学で取得に向けた勉強法(実地編)

 

f:id:bak3:20180202200848j:plain

久しぶりの更新です、最後の更新からもう5ヶ月ほど経ってしまいました。

なかなかネタがなくて筆不精になってしまいました。

 

平成29年10月15日、吉祥寺の成蹊大学で行われた1級電気工事施工管理技士

実地試験の合格発表が本日あり何とか滑り込むことが出来ました。

本来はこの試験と12月2日に実施された1級管工事施工管理技士の実地試験も受験する

予定だったのですが仕事の都合で欠席ということになってしまい受験できず。

この試験については受験するつもりで勉強していたので残念でした。

管工事施工管理技士については来年リベンジしたいと思っています。

 

今回の1級電気工事施工管理技士の実地試験の合格率は62.5%。

昨年の69.1%からは6.6%下がっていますがほぼ例年通りといったところでしょうか。

今回はこの実地試験について掘り下げてみたいと思います。

 

1.平成29年度の試験概要と私の学習方法

問題1

今回の実地試験は施工経験記述問題が工程管理と品質管理。

昨年度の安全管理からのローテーション通りでした。

今回はGET研究所の添削サービス(1通2,500円)を利用して工程管理を作成、添削してもらいました

GET研究所がオススメ出来るのは私の場合、1回目の経験記述でダメ出しされてしまい

再提出になってしまいましたが2回目の添削も無料でやってもらえることです。

私の場合は2回目の添削でほぼ完成できたという落ちこぼれでしたが

ほぼ予想通りの出題だったため用意していた経験記述がそのまま利用できました。

ローテーションで行けば来年度は安全管理となりますが、念のため工程管理の両方を

用意しておいた方が無難かもしれません。

ただし、この場合GET研究所ですと1通あたり2,500円なので2通扱いになってしまうので

他の添削サービス(地域開発研究所など)では両方の添削もしてもらえるらしいので

はじめからそのつもりであれば他のサービスを行っている教育機関もいいかと思います

 

問題2

今回は労働災害を防止する対策を記述する問題。

過去出題を踏襲した学習をしていれば対応出来た問題でした。

こちらもGET研究所のスーパーテキストシリーズで学習しましたが

2回の精選予想問題でほぼピタリの内容で問題なく対応出来ました。

ただし、労働災害防止対策についてはスーパーテキストの例文は私には覚えにくかった

ので地域開発研究所の実地試験問題解説集を参考に自分なりにまとめて覚えました。

 

問題3

ネットワーク問題。

こちらも過去問通りの所要工期と所要日数増加した場合の最早開始時刻でした。

GET研究所の動画を見ると経験記述の次に配点が高いとのことで

過去問を繰り返し問いて覚えるようにしました。

こちらについても予想精選問題がピタリ、怖いくらい予想通りです。

使用教材はGET研究所のスーパーテキストでしたが間違いが非常に多く

特にネットワーク問題については3つもあったので疑心暗鬼になってしまいました。

スーパーテキストを使用する場合には間違いがないかホームページで確認をしつつ

学習を進めていくことをオススメします。

 

問題4

技術的内容記述問題。

過去問から繰り返し出題されているので傾向を掴めば対応出来る問題でした。

こちらもスーパーテキストの予想精選問題の予想通りで問題なく対応出来ました。

予想精選問題でセレクトされたものが24個だったのでこれらを中心に覚えることにし

この問題についてもスーパーテキストの例文は覚えにくかったので

地域開発研究所の実地試験問題解説集を元に自分なりにまとめて覚えました。

 

問題5

建設業法からの問題。

こちらも過去問を繰り返していれば回答出来たと思います。

こちらについてはスーパーテキストの過去問を繰り返して覚えました。

 

電気工事施工管理技士の経験記述問題については管工事施工管理技士のように

出題傾向が掴みにくいといったことがなく規則的に出題されているように思います

よく言われていることですがテキストで書かれている記述内容を真似たものだと

一発アウトといったことがあると聞いたことがありますので

自分が仕事で実体験した内容をベースに課題に合った記述が行えるようにしました

その内容をプロの目で添削して頂くというのが近道なのかなと思います。

また、ネットワーク問題についても配点が高いとのことなので2問を間違えないように

繰り返し過去問をこなしていくのが良いです。

他の安全対策、技術的内容については覚えた内容から4つ引っかかればOKみたいな

ある程度割り切って覚えていく方が効率が良いように思います。

最後に法規は過去問を何回か繰り返せば大丈夫です。

 

2.おすすめ参考書

 

GET研究所

分野別問題解説集 1級電気工事施工管理実地試験〈平成29年度〉 (スーパーテキストシリーズ)

学科と同じくこちらの本を中心に学習を進めていきました。

地域開発研究所のテキストと比較して予想精選問題や出題傾向予想などが書かれており

合格に向けた学習がしやすいことがこの本がオススメ出来るポイントだと思います。

ただ、誤植が非常に多く平成29年度版についてはネットワーク問題の回答が

間違っているという致命的なミスがあることに気をつける必要があります。

私の場合はホームページを確認して誤植の正誤表を印刷して使用しました。

とは言え、2回の予想精選問題では試験問題の傾向をピタリと当てており

誤植の多さを差し引きしてもこの本を中心に進めていけば合格に近づくと思います。

 

地域開発研究所

1級電気工事施工管理技術検定実地試験問題解説集《平成29年版》

この本が電気工事施工管理技士の教育機関では鉄板のテキストだと思います。

施工経験記述の書き方のポイントや膨らませるアイディアなどが収録されており

自分で書く内容に困ってる人にはありがたい内容だと思います。

また、安全対策や工程管理、技術的用語などが簡潔に記述されており

ヤマを張る傾向のあるスーパーテキストと比べると全てを収録するといった感じです

私の場合、安全対策、技術用語を覚えるのにスーパーテキストでは厳しかったので

この本で覚えるポイントをまとめて自分なりの解釈という見地で覚えるようにしました

 

3.まとめ

この資格は出願→合格発表まで何だかんだで1年かかるという非常に面倒な資格です。

特に実地に関しては受験日が10月で発表が2月といくらなんでも時間がかかり過ぎ?と

思ってしまうのは私だけではないでしょう。

とにもかくにも何とか取得出来たことは嬉しいです。

同時に管工事施工管理技士の方を受験出来なかったことが残念に思います。

今年はとりあえずこの資格を目標の一つ(といっても試験日12月なのですが)として

進めていきたいと思っています。

次に何しようかな、まったりしながら考えたいと思います。

1級管工事施工管理技士に独学で取得に向けた勉強法(学科編)

 

f:id:bak3:20170908201828j:plain

先日、管工事施工管理技士という資格の学科試験で水道橋の日本大学へ。

管工事は特に資格が必要という訳ではなく他の施工管理技士と比較してもマイナーな位置づけの資格のように思います。

しかし、私のような建設業関係者にとっては取得すると仕事に活かせるかも?という資格です。

この記事を書いている時点で既に学科試験を受験してきた後なのですがこの資格について掘り下げてみます。

 

管工事施工管理技士とは?

施工管理技士国家資格の1つで、建築、土木、電気工事など全部で6種類の資格があります。

 

管工事施工管理技士 - Wikipedia

 

管工事は冷暖房工事、空調設備工事、給排水・給湯工事、ダクト工事、ガス工事などの工事のことを言い

管工事施工管理技士はこの工事の計画、工程や安全、品質の管理といった施工管理を行う資格になります。

管工事施工管理技士には1級、2級がありますが2級は一般建設業の専任技術者に、1級は特定建設業の専任技術者、監理技術者になれます。

一般建設業は4,000万未満、特定建設業は4,000万以上の工事が受注出来ます。

建設業なら持っていれば損のない資格です。

 

管工事施工管理技士のメリット

1.取得することで就職や転職が有利

ある一定以上の金額の管工事を受注するには有資格者が必要となり就職や転職に有利です。

工事が増加しているにも関わらず施工管理技士不足が足りていない実情があるからです。

電気工事施工管理技士でも書きましたが、下のリンクを見ると転職の必須条件とする資格TOP20の12位に

あれば尚可とされる資格の13位にランクされていることからも分かる通り

求人も多く、優遇されていることが分かります。 

 

doda.jp

 

2.取得することで他の資格の受験資格が得られる

この資格を取得すると1級、2級とも社会保険労務士の、1級を取得することで

建築設備士の受験資格がそれぞれ得られます。

特に建築設備士の資格から建築士への受験資格が得られるのは工学部出身者

以外の方は比較的ハードルが高い建築士の道が開かれ大きなメリットだと思います。  

 

3.取得することで資格手当や昇給が望める

またしても私の勤めている会社は手当はありませんが

資格取得手当や資格手当を設定している企業は多いのではないでしょうか?

   

受験資格

学歴や実務経験などの受験資格がありますが2級管工事施工管理技士は比較的ハードルが低いです。

工学部以外の大学出身者であれば1年6ヶ月以上の実務経験で受験可能です。

私は8年前に2級管工事施工管理技士を取得していたのでこれに実務経験を願書に記入して今回、1級管工事施工管理技士を受験しました。

この資格は願書に実務経験を記入していくのが大変で工事案件名、工事内容、実務経験年数など割と細かく記入していきました。

(間違えないように書いていくのに気を使いました、何せ願書も有料だったので。)

 

 難易度

難易度は以下の通り、国家資格の中ではそれぞれは比較的合格率は高いですが

学科+実地の最終合格率は20%前後と決して高いとは言えないです。

一般的には難易度は「普通」、しっかり勉強すれば独学で合格できるレベルです。

  1級   2級  
  学 科 実 地 学 科 実 地
  平成28年          49.0%          61.0%          66.2%          44.5%
  平成27年          51.2%          50.1%          57.9%          45.9%
  平成26年          43.4%          60.3%          59.8%          36.4%
  平成25年          38.9%          67.8%          50.1%          37.9%
  平成24年          36.4%          49.2%          50.7%          37.1%

 

勉強法とおすすめ参考書は?

学科については電気工事施工管理技士と同じく過去問を中心に勉強していくのが一番効果的だと感じました。

過去問を3周ぐらいやれば合格点に達するようなイメージで行きました。

 

 GET研究所 

スーパーテキストシリーズ 29年度 分野別問題解説集 1級管工事施工管理学科試験

 

私はこの本を3周やりました。

分野別に問題が編集されているので問題傾向がつかみやすいのも高ポイント。

6年分の過去問が収録されておりこの本1冊で合格点レベルまで行けると思いますが

1級電気工事施工管理技士の同本と比較すると収録問題年数が6年と少ないため

勉強をしていて大丈夫だろうか?と不安になってしまったのも事実です。

私の場合、電気工事施工管理技士の実地試験の方の勉強も並行して行っており

学習時間の問題もあってこの本だけで試験を迎えましたが本来であれば10年分収録されている地域開発研究所の問題集の方が安心のような気がします。

 

 

地域開発研究所

1級管工事施工管理技術検定試験問題解説集録版(2017年版)

本来はこの本が鉄板だと思います、過去問が10年分収録されておりガッツリやれます。

私もこの本を買いましたが時間が足りなくてこちらの方まで手が回りませんでした。

スーパーテキストの6年分では過去問の傾向対策という意味では不足だったように反省しています。

今回、学科試験がダメだった場合はこの問題集で再度挑戦したいと思います。

 

 

スマホアプリ

管工事1級施工管理技士問題集

管工事1級施工管理技士問題集

  • Fasteps Co., Ltd.
  • 教育
  • 無料

 はじめは1級電気工事施工管理技士のアプリで役に立ったのでこちらのアプリを購入してみました。

1級電気工事施工管理技士アプリのように最新iOSに未対応ということもなく

1問1答方式で弱点攻略やメモ機能、頻出問題(過去2~3回)、成績機能など機能に不足はありません。

このアプリの特徴でもある1問1答方式であるため、試験問題そのものの出題例を掴むのには向いていないように感じました。

アプリの選択肢が○xなのはいいのですがほとんどが○なので学習する上で私には合いませんでした。

 

1級建築施工ケイタイもん

1級建築施工ケイタイもん

  • 財団法人 地域開発研究所
  • 教育
  • 無料

その次に地域開発研究所のスマホアプリを購入してみました。

こちらは出題問題形式と同じく4択問題形式となっております。

実際の問題の傾向を掴んでスキマ時間で学習するには良いように思います。

ただ、機能らしい機能がメモのみという残念な仕様で自分が間違えた問題などの弱点を検索して重点的に学習することが出来ません。

(間違えた問題でその都度メモすれば可能といえば可能ですが。)

 

アプリについては電気工事施工管理技士の時のような

移動や仕事の空き時間なんかに暇つぶし感覚で学習に期待しましたが結局役に立ちませんでした。

 

 まとめ

現時点では学科試験を受けてきた形なので試験結果はまだ出ていません。

今回は他の試験との並行で学習時間のやりくりが上手く行かなくて

10年分をしっかり勉強した万全な体制で試験に臨めなかったのが反省点です。

ただ、今年の問題は従来の過去問に近い傾向の問題が比較的少なかったのと

ビル管の時に学習した知識が問題に出たりとある意味ラッキーだったように思います。

今回ダメだったらこちらも来年の自分への学習指針としてまとめてみました。

まずは結果を待って、次の実地試験に臨めるようになればありがたいなと思います。

 

【追記】とりあえず学科試験に合格しました、次の実地試験頑張ります!

新宿の風雲児で得製つけ麺大盛りを食べる。

f:id:bak3:20170819060713j:image

この日は新宿で病院に。

診察と調剤が終わるとちょうど風雲児の営業開始時間です。

お店に行ってみると既に行列が出来ておりこのまま席に案内されるか微妙な感じ。

男性6:女性4ぐらいでしょうか、ラーメン屋さんにしては女性客多めです。

最近はガイドブックに載っているのか外人さんも目につくようになりました。

しばらく待っていると食券を購入し席に案内されました、間に合った。

 

この店に来たらいつも頼むのが得製つけ麺大盛り(1,000円)です。

周りの人もほとんど同じものをオーダーしているようです。

この店の素晴らしいのは店主さんをはじめとしたスタッフの皆さんの手際が良いことです。

席に案内されるとすぐに、麺が到着し遅れてスープがやって来てほとんど待たずに食べられるのです。

また、言葉遣いも丁寧で、ラーメン屋さんのよくある喧騒な雰囲気とは真逆な感じで好感が持てます。

 

麺は中太のストレート麺で冷水で締められたツルツルした食感です。

スープにはメンマ、玉子、チャーシュー、海苔、魚粉が乗っています。

得製なので具だくさん、チャーシューもたくさんで嬉しいですね。

スープは鶏白湯と魚介のWスープでドロドロしてまろやかで優しい味。

スープに麺がよく絡んで美味しい。

玉子もほどよい半熟具合でスープに良く合います。

麺を食べ終わったところでいい感じに満腹なのですがカウンターの割りスープでスープをつい頂いてしまいます。

優しい味のスープだけど飲むには割りスープがないとドロドロで飲みきれません。

スープ完飲でもう満腹です。

 

このお店で唯一気になるのは食べている席の後ろで並んで待ってる人たちの目です。

有名店なので行列は付き物なので仕方ないといえば仕方ないのですが。

いつもつけ麺ばかり頼んでいるので涼しくなったらラーメンも食べてみようかな。

美味しかった、ごちそうさま。 

 

  お店の情報
店  名 風雲児
住  所 東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビルB1F
営業時間 11:30~15:00 17:00~21:00
定休日 日曜日・祝日