MENU

1級電気工事施工管理技士を取得に向けた勉強(学科試験の出題傾向)について

勉強する女の子



1級電気工事施工管理技士の学科を受験してもうすぐ2年になります

お陰様でこんなブログですが読んで頂ける方が少しづつですが増えてきました

その中でも電気工事施工管理技士に関して読んで頂ける方が多い記事になります

それだけ電気工事施工管理技士の受験を志す方が多いということだと思います

今回は電気工事施工管理技士の学科試験の合格することに主眼をおいて

掘り下げていきたいと思います。

 

 1級電気工事施工管理技士の学科試験について

学科試験は大きく電気工学、施工管理法、法規の3つに分かれており

出題範囲が広く、全てを網羅して勉強する必要はないので

全部で92問中60問を選択して回答して36問以上正答すれば合格です

自分の回答出来る問題だけ選択して回答していけばよいです。

施工管理技士試験全般に言えることですが

自分の得意分野をどれだけ増やしておくかということが得点に繋がってくる

その合計が合格点に達してくるかということがこの試験だと思います。 

 

おすすめの学習スタイル

地域開発研究所などの講習会が出題ポイントを抑えたもので効率的だと

思いますが、この記事では独学の視点で書いていきたいと思います

基本的には過去問題を重点的に勉強していくことをおすすめします

出来れば参考書、過去問題集を持って学習に臨むと良いです

(過去問をやり、分からなければ参考書を読むスタイル)

ただ、時間のない方は過去問題集だけでも合格出来ます

地域開発研究所であれば10年間、GET研究所のスーパーテキストであれば8年間

私はどちらをやっても合格点に近づけることが出来ると思います

 

電気工学について(15問のうち10問を選択)

この分野は電気理論、電気機器、電力系統、電気応用といった内容ですが

15問のうちの5~7問は電気理論を中心とした計算問題です

計算問題は第一種電気工事士レベルの問題と考えてよく

確実に点数を積み上げることが出来るので

第一種電気工事士でこの資格に挑戦する方は是非取り組んだ方がよいです

ただ、計算問題を捨てても他の分野で得点すれば十分合格点まで行けますので

どうしても苦手であれば割り切って選択しないのもアリだと思います

(もちろん計算問題以外の問題は出来るだけ正解した方が良いです)

 

電気設備について(33問のうち15問を選択)

この分野は発電、変電、送配電、構内電気、電車、電気通信、その他といった内容

こちらも2問ぐらい計算問題が出ます、もちろん捨てても問題ないですが

電柱支線の引張強度、蛍光灯器具台数、水平面照度、テレビ共同受信設備といった

問題はパターンが決まっているので、出題された場合に点数が稼げるので余裕があれば

やっておくといいことがあるかもしれません

汽力発電所の節炭器(エコノマイザ)問題はやたら出るので正答、誤答パターンは

確実に回答出来るようにしておくといいです

この時勢を反映した問題も出題される傾向があり、風力、太陽光発電の問題は出ますが

原子力発電の問題はあまり出ないと思います

電車、通信の問題もパターンが決まっているので過去問をしっかりやっておくことを

おすすめします

 

関連分野について(8問題のうち5問を選択)

この分野は機械、土木、建築、設計、契約といった内容ですが

電気の知識とは少し離れた分野だと言えますが

何年かに一回繰り返し出題される問題もあり過去問を中心に覚えておくこと良いです

ただ、苦手であれば5問ですから割り切って捨てても問題ないと思います

 

設計・契約(2問必須問題)

2問必須ですが割り切って過去問だけの知識で十分です、やってない問題が出れば

諦めて適当に数字を埋めれば良い分野だと思います

 

工事・施工(9問のうち6問を選択)

水力、火力、変電所、受変電設備の施工、架空電線、低圧屋内配線、光ファイバ

電気鉄道の各分野になりますが、範囲が広く学習しづらいです

こちらも過去問を中心に覚えるようにして知らない問題は思い切って捨てる感じで

OKです、ただ電気設備で学習した問題もこちらで出題されるケースもあるので

その場合はラッキーだと思いましょう

 

施工管理法について(12問必須問題)

施工計画、工程管理、品質管理、安全管理の各分野ですが

ネットワーク工程表について2問ほど出題されるので仕組みを学習すること

ヒストグラム、パレート図、特性要因図など違いを理解しておくこと

労働安全衛生法の問題はパターンが決まっているので過去問を覚えたらいいです

 

法規について(13問のうち10問を選択)

建設業法、電気事業法、電気法規、建築基準法、消防法、労働安全衛生法、労働基準法

その他法規ですが、13問中10問とほぼ必須に近い問題だと思います

ただ、これらの法規を網羅する学習は非効率と言えるので

過去問中心に(というか過去問だけやればいいです)

出題パターンを掴む学習していくことをおすすめします

 

まとめ

ここまで出題傾向をまとめてきましたが、結構大変で範囲の広さを実感しました

自分の学習を反芻すると月並みですがコツコツと過去問に取り組んでいくことが

私は重要だと思います

学習していくことで先が見えてこない試験でもありますが

最後まで諦めない気持ちで試験に臨むことが合格に繋がってくるのではないでしょうか

この記事を最後まで読まれた方の合格をお祈りしています

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)を独学で取得する勉強法

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)はビルメン三種の神器とも呼ばれる資格です。

 

私の仕事とは直接関係ない資格ですが建築物環境衛生管理技術者試験を

受験したところ無事取得することが出来ました。

私が受験した平成28年度は合格率が過去10年間で2番目に高かった試験でした。

そういう意味ではラッキーだったと思います。

今回は建築物環境衛生管理技術者について掘り下げ、私の勉強法をご紹介します。

 

建築物環境衛生管理技術者とは?

長くて複雑な名前ですが正式名称よりビル管理士という名前の方が

一般的に名前が通っていると思います。

簡単に言うと建築物の環境衛生の維持を行いビル管理の監督を行う国家資格です。

 

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)に基づいて、面積3000m2以上(学校については8000m2以上)の特定建築物において選任義務がある。また、資格の保有者は同法に基づく登録事業者の人的要件となることもできる。

 

特にビルメンテナンス業では非常に評価の高い資格です。

 

建築物環境衛生管理技術者を取得すると

1.取得することで就職、転職に有利

 この資格の受験するには実務経験が必要となり、取得者はビル管理の実務経験を

試験に合格することでこれらの知識を持った人物という評価が得られます

このため40代、50代といった年齢になっても求人があり

転職に有利であること分かります。

 

 

2.他の資格の講習受講が得られる、新規事業の人的要件になっている

建築物環境衛生総合管理業、建築物清掃業といった

知事の登録事業者の人的要件になっているので新たに事業の登録をする場合には

必須の資格となっております

 

3.取得することで資格手当や昇給、昇進が望める

私の会社では今のところ何もありませんが(こんなことばっかりですね)

ビルメンテナンス業では必ずと言ってよいほど資格手当が付くことが多く

資格手当の中でも高額(10,000円ぐらい)であることが多いです

 

 

試験科目

この試験の特徴はビル管理に関する幅広い範囲で180問出題されます。

試験時間が6時間に及ぶ試験であり、特に喫煙者には堪える試験ではないでしょうか?

私が受験した会場では中高年が多く、喫煙所とトイレに行列が出来ていました

また、試験退出可能時間になると席を立つ受験者が非常に多い印象です

早く帰る受験者が合格者ではないと思いますので焦ることなく自分のベストを尽くす

ことが合格に繋がってくるのではないでしょうか?

試験会場が全国6箇所(東京、大阪、名古屋など)しかないので

該当しない方は受験地に近いホテルを確保することになりますので要注意です。

 

 午前(3時間)

1. 建築物衛生行政概論(20問)

2. 建築物の環境衛生(25問)

3. 空気環境の調整(45問)

午後(3時間)

4. 建築物の構造概論(15問)

5. 給水及び排水の管理(35問)

6. 清掃(25問)

7. ねずみ、昆虫等の防除(15問)

 

受験資格

厚生省で定められた建築物で定める業務に2年以上従事した者という規定がありますが

ビルメンではない私の仕事が実務経験として認められるか自信がありませんでした。

ダメ元で自分の会社の建物の電気設備管理で受験申請をしたところ

日本建築衛生管理教育センターから連絡があり

「あなたのビルは小さすぎるから他のビルで申請し直して下さい」と言われました。

恐らくGoogleのストリートビューで確認作業をしているようです。

センターの担当者の方は親切な対応で受験ができるようなアドバイスをしてもらい

仕事をしている他のビルで申請して受理してもらえ、無事受験出来ました。

 

 難易度

合格率を見ると難しい年の翌年は簡単で、その翌年は難しいというパターンがあります

問題そのものは難しくなく

難しい年は問題の言い回しや表現で対応してくるイメージです

この試験で重要なのは出題数が多い空気環境と給排水管理でどれだけ点を稼げるか

逆に出題数が少ない構造概論、ねずみ昆虫防除の足切り点に引っかからないことです

この資格の難易度はしっかり勉強すれば独学で合格できるレベルです。

 

 

  受験者数 合格者数 合格率
  平成30年          11,996           2,339           21.1%
  平成29年          10,209           1,387           13.6%
  平成28年          10,394           2,956           28.4%
  平成27年           9,827           1,661           18.9%
  平成26年          10,095           2,335           23.1%

 

私なりの勉強法

 

勉強する男の子

私の場合ですが

まず、ビル管理総合情報.comさんの「出題傾向とポイント」をプリントアウトして

ファイルに綴じて、スクラップブックを作成してテキスト代わりに読んでいきました

そして、3ヶ月前から赤本と呼ばれるビル管理士模範解答集を

全ページコピーを取りファイルに綴じて6年分を5周回していきました。

写真にあるように要点や覚えるポイントなどを書き込んで覚えていきます。

この試験で大事だと私が思うポイントは解答を覚えることではなく

各選択肢で問われる部分を自分で考えることです。

正しい選択肢からも出題される場合には

どういった出題がされるかということを考えながら勉強していました。

 

最終的には赤本の問題を90%正解するようになりました。

 

また、スキマ時間や出張など赤本を持ち歩くことが出来ない場合には

YAKU-TIKUさんをiPadで回答していき、ポイントを覚えるようにしていました。

同じくビル管理士総合情報.comの◯X問題も非常に効果的でした。

 

追い込みの1ヶ月前にはビル管理士総合情報.comさんの模擬試験を受験して

時間を図って解答、試験の感覚を掴んでいくように心がけていきました。

 

最後に、計算問題は捨てるという方がいらっしゃいますが

パターンが決まっていますので貴重な得点源です、是非練習して得点出来るように

しておくと良いと思います。

(ビル管理士総合情報.comさんの水溶液の計算問題などを読んで練習するといいです。)

 

 おすすめ参考書

日本教育訓練センター

ビル管理士試験模範解答集

f:id:bak3:20170626052559j:plain

通称赤本と呼ばれる本です、この本だけで合格まで行けると思います

私はこの本のコピーを取り6年分を5周回しましたが

コピーを取った問題の部分には1回目には解答を熟読し、同時に全ての選択肢で

正誤が答えられるように心がけていきました。

この試験で大事なところは解答を覚えるのではなく、各選択肢で

出題者が何を問うているのかを自分で考えることだと思います。

 

秀和システム

ビル管理技術者(建築物環境衛生管理技術者)試験合格テキスト第2版

この本も購入しましたが、分かりやすく図解されており理解しやすいです

私の主観ですがこの本でアンダーラインや強調されている部分が

実際に出題されるポイントから外れている感じを受けました。

最初にこの本を読んでから他の手段に移行することをおすすめ致します。

 

改訂 建築物の環境衛生管理(上・下巻揃)第4版第1刷

 通称青本と呼ばれる本です、全ての問題はこの本に基づいて出題されますので

図解や写真などもこの本よりの引用になります。

私はこの本を購入して補足資料として詳しく知りたい場合に読んでおりました。

 

オーム社

設備と管理 2016年 07~09 月号

この雑誌では毎年三ヶ月に渡って誌上模擬テストを行っています。

毎月レベル別問題と題して出題されているのですが

時間を計って模擬試験として本番に備えるのもオススメです。 

 

 おすすめサイト

ビル管理士総合情報.com(ビル管理士の情報サイト)

私はこのサイトには大変お世話になりました、まとめが秀逸だと思います。

下手なテキスト(青本を除く)を読んで勉強するよりもこのサイトをプリントアウトして

スクラップブックにした方が立派なテキストになります。

(「赤文字は確実に暗記する」といった部分は出題されるので重要です。)

◯x試験のスマホ対応も完璧なのでスキマ時間の学習にも向いています。

また、本番試験直前のイベントの模擬試験は是非力試しにオススメです。

ここで良い点が出なくても気にせず勉強を継続してみて下さい。

 

建築物環境衛生管理技術者試験に挑戦

tommyggさんのチャレンジノートも序盤のとっかかりではとても効果的です。

このサイトの内容が理解できるようになったら

ビル管理士総合情報.comへ行く人が多いのでは?

 

 YAKU-TIK ~建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)まとめました~

出張や出先で勉強したい時に最適なサイトでした。

赤本(のコピー)を持ち歩けない時にiPadで問題や解説が調べられるので便利。

 

 

まとめ

ビルメンでない私がこの資格を受験できるか確証がありませんでしたが

無事出願、資格の取得まで至り自分なりに自信になりました。

この資格は勉強を始めてばかりでは効果が出ないので

過去問題をやっても自分の学習法が正しいか迷う時期がありますが

諦めず継続していくことが大事だったと実感しています。

 

私の場合は、この資格が仕事に行かせたりすることは今のところないですが

将来、この資格を持っていてよかったなぁと思える仕事が展開ができるように

努力していきたいと思います。

 

東プレxジャストシステムコラボ REALFORCE R2A-JP4-BKJを購入してみた。

皆さんはキーボードは何をお使いでしょうか?

メーカー製付属キーボード、ワイヤレスキーボード、ゲーミングキーボード等など。

 

私はタイピングが速いわけではないのですがキーボードはちょっとこだわりがあって

今までFILCOのMajestouch Wireless

今はなきクレバリーのオリジナルキーボードEZDigiXと

いずれもCherry社製の茶軸キーボードを

また、会社ではオウルテックの赤軸キーボードに交換して使用してきました。

それぞれ特徴あるキーボードですから特徴、弱点などあるものの

そんなメカニカルキーボードのタイピングの小気味よさに慣れている私は

他のキーボードでは違和感を感じて使えないと思い込んでいました。

その反面、東プレのREALFORCEシリーズの静電容量無接点方式キーボードに

憧れを抱きつつ、へたってきた自分のキーボードを顧みるようになりました。

 

そんなREALFORCEシリーズをどれがいいか物色している中、ジャストシステムから

Just MyShopで使用できる30%引きクーポンメールが送られてきました。

ジャストシステムと言えば、REALFORCEコラボモデルがあるなぁと思い

クーポン使えるかと試してみたところ使用可能なのを確認して思わず衝動買い。

今回は東プレxジャストシステムコラボ REALFORCE R2A-JP4-BKJをご紹介します

 

REALFORCE CUSTOM Limited Edition R2A-JP4-BKJの特徴

 

      配列       日本語112キー(4個の特殊キー)
      スイッチ方式       静電容量無接点方式
      押し下げ特性       ALL 45g(等荷重)
      印刷言語       かなあり
      キートップ色       黒(標準) + 赤(ESC/ATOKショートカットキー)
      調整       APC機能搭載
      キースペーサー       2mm/3mm付属

 

ベースになっている機種は東プレのR2A-JP4-BKですがこのコラボモデルは

かなありになっているのとATOKショートカットキー(赤くて格好いいです)

になっているのが大きな特徴です。

かななしの英語配列キーボードも考えましたが変換キーがないとかエンターキーが

小さいなど個人的にちょっとと思う部分もあり敢えて日本語キーボードにしてみました

ちなみに私はATOKを使っておりますが、このATOKショートカットキーは不要です。

単語登録キーよりもPrintScreenキーの方が使用頻度高いと思います。

PrintScreenについては使用頻度がそれほど多くはないので問題ないと思っています。

 

箱を開けてみました

 

f:id:bak3:20190210232536j:plain



以前の東プレのダンボール全開な外装から見違えるようなカラフルな外観。

ESCキー、ATOKショートカットキーの赤が目立ちますね。

付属のスペース、タブ、半角/全角、シフトキーの赤いキートップに交換可能です。

 

 

f:id:bak3:20190210232627j:plain



JUSTSYSTEMS.ロゴが地味に自己主張します。

 

設置してみました

 

f:id:bak3:20190210232711j:plain



設置してみましたが、なかなかいい感じです。

打ってみると、今までの茶軸キーボードがカチャカチャという打鍵音なのに比べて

REALFORCEはスコスコンという感じですね。

打ち心地がメカニカルキーボードとは違った小気味よさで気持ちいいです。

FILCOのMajestouch Wirelessを使用していて不満だったチャタリングが発生しない

というのが非常に良いと思います。

ただ、キートップに昇華印刷されている文字が目立たないのが特徴でもあるのですが

私の部屋ではいつも照明を暗めにしているのであまり文字が読めないですね。

基本的にはタッチタイピング出来るので問題ないのですがタイプミスや

あまり入力しない文字などは目で見て確認する場合など少し戸惑うかもしれません。

他の色のキートップに交換することやも検討したいと思いましたが

今現在キートップが別売されていないのでこのまま使うか

他の方法でキートップ交換するか考えたいと思います。

 

まとめ

 

希望のキーボードを求めてキーボードを購入していくことを

キーボード沼にハマると言うらしいです。

特に腱鞘炎などありませんが時々、手首が痛くなることがあるので

こういった症状が改善してくれるといいなぁと期待しております。

今回のREALFORCEで希望のキーボードに巡り会えたとなってくれたらいいですね。

逆に新たなるキーボード探しの旅に出ないことを祈りたいと思います。

このキーボードを購入したレポートがあまり見られないので記事にしてみました。

1級管工事施工管理技士に独学で取得に向けた勉強法(学科編)

 

f:id:bak3:20170908201828j:plain

管工事施工管理技士という資格の学科試験で水道橋の日本大学へ行きました。

管工事は特に資格が必要という訳ではなく他の施工管理技士と比較しても

地味なイメージで受験者も比較的少なめです。

しかし、建設業関係者にとっては取得すると仕事に活かせるかも?という資格です。

今回はこの資格について掘り下げてみます。

 

管工事施工管理技士とは?

施工管理技士国家資格の1つで、建築、土木、電気工事など全部で7種類の資格があります。

 

建設業のうち冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理等の業務を行う。

 

 

管工事施工管理技士には1級、2級がありますが2級は一般建設業の専任技術者に

1級は特定建設業の専任技術者、監理技術者になれます。

一般建設業は4,000万未満、特定建設業は6,000万以上の工事が受注出来ます。

建設業なら持っていれば損のない資格です。

 

 

受験資格

学歴や実務経験などの受験資格がありますが施工管理技士では実務経験が問われますが

2級管工事施工管理技士は比較的ハードルが低めだと思います。

工学部以外の大学出身者の場合でも1年6ヶ月以上の実務経験で受験可能です。

私は8年前に2級管工事施工管理技士を取得していたので

これに実務経験を願書に記入して今回、1級管工事施工管理技士を受験しました。

この資格は願書に実務経験を記入していくのが大変で

工事案件名、工事内容、実務経験年数など細かく記入していきました。

(間違えないように書いていくのに気を使いました、何せ願書も有料だったので。)

 

 難易度

合格率は以下の通りです。

国家資格の中では学科+実地の最終合格率は20%前後と決して高いとは言えないです。

一般的には難易度は、しっかり勉強すれば独学で合格できるレベルだと思います。

  1級   2級  
  学 科 実 地 学 科 実 地
  平成29年          44.2%          63.2%          59.3%          40.9%
  平成28年          49.0%          61.0%          66.2%          44.5%
  平成27年          51.2%          50.1%          57.9%          45.9%
  平成26年          43.4%          60.3%          59.8%          36.4%
  平成25年          38.9%          67.8%          50.1%          37.9%

 

勉強法とおすすめ参考書は?

学科については電気工事施工管理技士と同じく過去問を中心に勉強していくのが

一番効果的だと感じました。

過去問を3周ぐらいやれば合格点に達するようなイメージで行きましたが

管工事施工管理技士の場合は出題範囲が比較的広めなので

ある程度自分の得意、不得意分野を割り切って作ることが大事だと感じました。

私の場合はビル管理士の範囲で空調、空気調和、給水給湯といった部分が

消防設備士の範囲で消防関連の範囲でかなりの部分が被っているので

かなり助かった部分が多かったです。

また、ネットワーク計算は施工管理技士では必ず出題される分野ですので

確実に得点できるようしっかり理解を深めると良いです。

 

 GET研究所 

スーパーテキストシリーズ 分野別問題解説集 1級管工事施工管理学科試験

 

私はこの本を3周回していきました。

分野別に問題が編集されており出題傾向がつかみやすく理解を深められます。

この一冊で6年分の過去問が収録されており合格点レベルまで行けると思いますが

収録問題年数が6年と少ないため試験日に自身を持って臨むことが出来ず

本当にこれで大丈夫だろうかと、不安になってしまったのも事実です。

管工事施工管理技士の場合は出題範囲が広いため、6年分でそれらを網羅できている

とは言えないと私は思いますので、万全を期して試験に望みたいのであれば

10年分収録されている地域開発研究所の問題集の方が安心のような気がします。

 

 

地域開発研究所

1級管工事施工管理技術検定試験問題解説集録版

地域開発研究所は講習会のテキストとして採用されているものも多く

施工管理技士受験者にとってはバイブルであると言えると思います。

過去問が10年分収録されているので試験範囲をある程度カバー出来ると言えます。

私もこの本を購入したものの時間が足りず、この本まで手が回りませんでした。

スーパーテキスト一本槍という学習方法ではどちらかというとヤマを張るといった

感じでしたが地域開発研究所のこの本で学習していく方が確実だと思います。

 

スマホアプリ

学アプリを購入してみました。

1級電気工事施工管理技士で役に立った学アプリを購入、やってみました。

1級電気工事施工管理技士アプリのように最新iOSに未対応ということもなく

1問1答方式で弱点攻略やメモ機能、頻出問題、成績機能など機能に不足はありません。

良さそうに思えるのですがこのアプリの特徴でもある1問1答方式であるため

試験問題そのものの出題例を掴むのには私は向いていないように感じました。

アプリの選択肢が○xなのはいいのですが

ほとんどの正解が○なので学習する上で私には合いませんでした。

 

次に地域開発研究所のスマホアプリを購入してみました。

こちらは出題問題形式と同じく4択問題形式となっております。

実際の問題の傾向を掴んでスキマ時間で学習するには良いように思います。

ただ、機能らしい機能がメモのみという残念仕様で

自分が間違えた問題などの弱点を検索して重点的に学習することが出来ません。

(間違えた問題でその都度メモすれば可能といえば可能ですが。)

 

アプリについては電気工事施工管理技士の時のような

移動や仕事の空き時間なんかに暇つぶし感覚で学習に期待しましたが

結局役に立ちませんでした。

 

 まとめ

管工事施工管理技士に関しては学科試験は合格しましたが

実地試験を2年連続で仕事の都合で、受験することが出来ず学科試験を

来年度以降、再度受験しなければいけなくなってしまいました。

(12月の試験日というのが仕事の都合上ちょっと厳しいのが正直なところです。)

 

前回ではスーパーテキストの6年分を学習して試験に臨み

10年分をしっかり勉強した万全な体制で試験に臨めなかったのが反省点です。

管工事施工管理技士は学科、実地とも傾向がイレギュラーなことが多く

ビル管の時に学習した知識が問題に出たりとラッキーで合格できただけで

次回受験した際には合格できるかと問われると厳しいのが実態だと思います。

今年、管工事施工管理技士を受験するかは不透明ですが、受験する際には

学科、実地とも確実に得点できるよう学習を進めていきたいと思います。

(その前に12月仕事の都合がつくよう頑張りたいです。)

眼瞼腫瘍を手術することになった話

少し前にもちょっと書いたのですが目の調子が悪く左目を手術することになりました

 

今までお医者とは無縁で健康だけが取り柄だった私にとって

手術という言葉を聞いただけでゾーっとしてしまいます

しかも腫瘍と言われるとどうしても「ガンかも・・・」という気持ちがよぎってしまう

そして「なんで自分が・・・」と思ってしまうのは誰しも同じかもしれません

 

なんか瞼が腫れている

 

体質なのか家系なのか私は比較的視力が良い方で眼科検診ではほとんど問題なしで

眼科のお医者さんにお世話になることはほとんどありませんでした

 

そんな目には自信があった私ですが最近パソコンやスマホの画面を見たり

夕方の運転をする時に「なんか目がボヤけてきたなぁ」と感じるようになりました

いよいよ老眼の足音が聞こえてきたのか、となんの気なしに洗面所で自分の目を見ると

「なんか変じゃね?」と自分の顔ながら違和感を感じたものの

40代独身男性だけに自分の顔を鏡でマジマジと見る機会はそんなにありません

左目の瞼が腫れている感じ・・・腫れているというより盛り上がっている感じ。

ものもらいにでもなったのかな?そのうち引っ込むかな?とその時は軽く考えてました

 

近所の眼科へ

 

しばらく様子を見たものの瞼の腫れが引っ込む気配はなし、むしろ大きくなってる?

不安な気持ちが出てきたものの軽い気持ちで近所の眼科医院に行くことにしました。

 

f:id:bak3:20180531025847p:plain

 

診察してくれたお医者さんは私よりも少し若めな落ち着いた感じの女性の先生で

少し緊張気味に「実は、目が腫れているんです」と切り出して

「どれどれ」と目の診察台に顎を乗せて私の瞼を診てもらいます

 

先生は「あー」という言葉を発した後しばらく沈黙が続きます

「眼瞼腫瘍ですね」

「これ私だけでは判断出来ないので院長先生に診てもらった方がいいです」

「もしかしたらもしかするので慎重に検査しましょう」

 

「もしかしたら」ってどういうこと?と私は不安な気持ちが強くなったものの

仕方ないので院長先生が診察する木曜日に再度眼科に行くことになりました

 

眼瞼腫瘍を必死にググる

 

実際に私の写真をアップすれば分かりやすいのですがちょっとグロいのでやめます

(自分の顔写真をアップ出来るほど自信がないのが正直な気持ち)

 

帰宅してお医者さんから言われたキーワード「眼瞼腫瘍」を検索します

出てくる画像もグロいのでお食事中の方は避けられた方がいいです

(そんなものを出典するなというツッコミには平身低頭でございます)

 

検索するとどうしても良性腫瘍、悪性腫瘍というキーワードが目に付きます

ほとんどが良性だけど稀に悪性、悪性腫瘍は黒色っぽいのが多いらしい

実は私の眼瞼腫瘍は黒いんだよなぁと不安な気持ちが一気に膨らんできたところで

必死に眼瞼腫瘍をググる毎日が続きながら木曜日の診察を迎えることになります

 

木曜日になり院長先生の診察を受けに眼科医院に向かいます

診察してくれた院長先生は先日診てもらった先生のご主人らしい

前回と同じように目の診察台に顎を乗せて診てもらいます

 

「これ私だけでは 判断出来ないから大学病院に検体を送るから」と言われ

「良性でも悪性でも取ったほうがいいから取りましょう」とのこと。

 

やっぱり悪性の可能性ありか、医者に言われると流石にショックです

しかも良性か悪性かは取ってみないと分からないって何かイヤだなぁ

 

手術を受ける

 

悶々とした気持ちのまま手術を受けます 

木曜日の手術日は白内障のおばあちゃん達がたくさん座って待っていて

次々と手術を受けていきます、しばらくして私の番に。

目だけ開いた白い布を被せられて上まぶた、下まぶたそれぞれに金属の固定金具で

固定されて目をガッと開かれます。

そして眼の眼球の下に麻酔注射をグッとされて麻酔が効くまでしばらく待ちます。

ちなみに注射針が目にどんどん近づいてきて恐怖体験でした。

 

f:id:bak3:20190208024548p:plain

 

麻酔が効いた後は意外にあっさりと腫瘍を切除してもらいました。

そこで切除した細胞を病理検査して良性、悪性かを検査するとのこと

なんだか死刑宣告を受ける被告人の気持ちが理解出来る気がしてしまうのですが

出来る限り気にしないつもりで毎日仕事をしておりました

 

5日ほどしたところ、私の携帯に病院から電話がかかってきました。

結果は脂肪の塊だったとのこと、ひとまず安心しました。

 

まとめ

 

目の腫れから始まった眼瞼腫瘍騒動でしたが、手術と言われてビクッと身構えてしまう

私にとっては大事でした。

可能性が低いとは言えガンを意識する貴重な経験をさせてもらいました。

今回は誰かが読んでも面白くない話でしたが私のような眼瞼腫瘍で必死に検索する方に

心配ないよ!ガンの可能性は低いから気にせず手術を受けてみて!と言いたいです。

 

 

 

 

1級電気工事施工管理技士に独学で取得に向けた勉強法(学科編)

 f:id:bak3:20170617202114j:image

電気工事施工管理技士の学科試験で北千住の東京電機大学へ行きました。

電気の資格と言えば電気工事士や電験(電気主任技術者)が有名で

電気工事施工管理技士は専門の人以外には知名度が低い資格かもしれません。

しかし、私のような建設業や電気工事業にとっては取得すれば

仕事に活かすことが出来、自身のキャリアアップに繋がるという資格です。

以前、この資格を受験して取得したのですが再度この資格について掘り下げてみます。

 

電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士(でんきこうじせこうかんりぎし)は、施工管理技士国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。施工管理技士の区分は1級、2級であるので表記に注意する必要がある。(建築士は「一級建築士、二級建築士及び木造建築士をいう」と定義されており、アラビア数字ではない。)

国家試験は年1回実施される(実施は一般財団法人建設業振興基金)。

 

施工管理技士国家資格の1つで、建築、土木工事など全部で7種類の資格があります。

 

 

電気工事施工管理技士には1級、2級があり

2級は一般建設業の専任技術者、1級は特定建設業の専任技術者、監理技術者に

なれます。

一般建設業は4,000万未満、特定建設業は6,000万以上の工事が受注出来ます。

建設業、電気工事業の関係者では所持者が重宝される資格です。

 

 

受験資格

学歴や実務経験などの受験資格がありますが

電気工事士有資格者は比較的短い期間で受験することが出来ると思います。

特に第一種電気工事士有資格者は実務経験が必要がないので

すぐに1級電気工事施工管理技士に受験可能です。

 

 難易度

難易度は以下の通り、国家資格の中では高いとも低いとも言えません。

一般的には難易度はしっかり勉強すれば独学で合格できるレベルだと思います。

私は勉強時間は2~3ヶ月ぐらい見て取り組むようにしました。

  1級   2級  
  学 科 実 地 学 科 実 地
  平成30年          56.1%          73.7%          65.9%          57.4%
  平成29年          48.0%          62.5%          62.8%          40.0%
  平成28年          46.0%          69.1%          58.7%          41.6%
  平成27年          45.1%          63.4%          55.2%          40.4%
  平成26年          35.6%          63.1%          54.4%          39.0%

 

勉強法とおすすめ参考書は?

学科については過去問を中心に勉強していくのが一番効果的だと感じました。

過去問を3周ぐらいやって合格点を目指すようなイメージです。

特に電気工事施工管理技士の試験問題の場合は比較的類似問題が出題される

ことが多いので過去問題を中心に重要項目を覚えていくと良いです。

また、計算問題が苦手な方は捨ててしまうという選択をされる方もいらっしゃると

思いますが点数を確実に取れる部分でもあるので

しっかりとやっておくと合格に近づけると思われます。

また、電気設備の選択問題に関しては電車線、その他の分野といった

直接電気工事を関係ない分野がとっつきづらいように感じられますが

こういった分野についても過去問題をやっておいてその部分を覚えておけば

試験問題で出題されたときに回答出来る可能性があるので選択問題については

不得意部分も念の為やっておくことをおすすめします。

こういった地道な努力で合格点への上積みを得られるように思います。 

 

 GET研究所 

年度別問題解説集 1級電気工事施工管理学科試験

スーパーテキストシリーズ

私はこの本を3周やりました。

8年分の過去問が収録されておりこの本1冊で合格点レベルまで進められます。

また、分野別に問題編集されておりので出題傾向の傾向を掴んだ学習が行えます。

WEB講義を動画で見ることが出来るのでありがたいです。

ただし、この本に限らずGET研究所の出版物は誤植が多いので注意が必要です。

個人的にはこの誤植のせいで何問か落としてしまったので

必ずGET研究所のホームページで誤植があるかを確認してから学習することを

おすすめしたいと思います。

 

 

地域開発研究所

1級電気工事施工管理技術検定試験問題解説集録版

この本の出版社である地域開発研究所では講習会も行っており

この講習会の内容は試験問題での出題傾向をしっかり捉えたものでありおすすめです。

GET研究所のスーパーテキストよりも2年分多い過去問10年分収録されており

確実に合格を目指す方にはおすすめです。

私もこの本を買いましたがスーパーテキストに収録されていない2年分を

最後の模擬試験のつもりで時間を計ってやってみました。

問題は年度別で編集されているので、この試験の場合は前年度に出題された問題は

出ないという傾向があり、あえて前年度の問題は学習しないという判断をするのも

合格に近づけるコツであり、この本で学習する意義があるといえます。

分野別に勉強を勧めていきたい人にはスーパーテキストかこの出版社から出ている

分野別問題集を購入するのもいいと思います。

(ただ、分野別問題集を購入するならスーパーテキストをおすすめします。)

 

地域開発研究所

電気工事施工管理技術テキスト 【改訂第2版】

地域開発研究所の講習会ではこの本がテキストとして使われているようです。

他の講習会でもテキストとされているところも多いようです。

私もこの本を買ったのですが独学の私にはテキストを読む機会もあまりなく

結局ほとんど読まないまま試験に臨んでしまいました。

この試験の場合はテキスト中心の学習よりも過去問を中心にやっていく方が

効率的だと私は思いますのでこの本を購入することはおすめしません。

分厚く、範囲が広すぎるので読むだけでもかなりの時間がかかりそうです。

この本がなくても合格を目指すことは可能だと思いますので

厳しい言い方をすれば講習会受講用テキストだと思います。

 

スマホアプリ

移動などのスキマ時間を使った学習にはスマホアプリが有効だと思います。

特に計算問題以外の分野については特に効果的です。 

スマホアプリあまり出ていない印象でしたが、学アプリのiOS版を利用しました。

移動や仕事の空き時間なんかに暇つぶし感覚で学習しましたが

意外に効果的だったです。

学習した成果を成績表として確認できるので自分の苦手な分野を確認して

重点的に学習していくことが出来ます。

ただ、私が学習した際にはiOSの最新バージョンに対応しておらず、戻るボタンが

使えないという致命的な欠陥があり有料の問題を購入した手前

問題を戻るためにアプリを終了して対応するという工夫が必要でした。

マイナー資格ゆえの悲しさかもしれませんが、問題を有料で売っているのだから

せめてiOSの動作確認と最新バージョンへの対応ぐらいは行って欲しいと思いました。

 

まとめ

私は平成28年度にこの資格を受験して無事合格しました。

私が受験した学科試験に関しては出題傾向が変わることなく通常通りの難易度でした。

他の施工管理技士の試験のようにガラッと出題傾向が変わってしまい合格率が変動する

ということは少なく、安定した出題傾向であると言えると思います。

この資格は電気工事業、建設業の登録要件として指定されている資格の一つであり

優遇される資格でもあると思います。

また、平成30年度の試験では合格者が8,000名を超えたことなど

東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続いていることがこの資格者の需要を

表しているとも言えます。

電気工事士、電気主任技術者に比べるとマイナーな資格ですが

取得して損のない資格だと思いますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

40代職歴なしのニートの友人が就職した話

三種冷凍の記事で書いたのですが私の友人が40代職歴なしのニートだった

のですが、昨年2月にめでたく就職して立派なサラリーマンになり1年経ちました。

彼とは高校時代からの友人で、大学卒業から就職活動というものをせず

そのまま40代になるまで就職活動をせずニートのまま過ごしてきました。

ニートなので外出するのは買い物ぐらいで基本自分の部屋でゲームか

ネット、動画を見るみたいな生活を過ごしてきました。

もちろん私は彼とは普通に付き合ってきたので何か用があれば

彼を外に連れ出すみたいな関係を40代の現在になるまで続けてきました。

(この辺は情けないですがお互い独身男性だから出来たことだと思います。)

 

そんな彼が就職するきっかけになったのが、私の趣味みたいになっている

資格取得の勉強の話をしたことでした。

自分の友人をブログのネタにするという人でなしな私の話ですが

彼からブログに書くことに了承してもらっているので

今回はニートから何をして就職にまで至ったかを書いてみたいと思います。

 

f:id:bak3:20190207155444p:plain

 

40代職歴なしニートな彼のスペック

私と同じ某公立高校を卒業後、一浪して某私立大学化学科を卒業した彼ですが

90年代中盤、バブル崩壊後のいわゆる就職氷河期と言われた世代です。

この世代は私もでしたが就職活動するにもなかなか希望職種に就くことが

難しい時代で会社説明会を回っても内定を貰うまでは至難の業でした。

私の大学では内定率が4割ぐらい、特に女子は2割行けばいい方だったと思います。

彼の大学の化学科でも似たような状況だったのではないでしょうか?

そんな時代だったので彼にとって希望職種に就けないことで就活を諦めてしまった

みたいな一面があったように思います。

 

ニートから資格取得へのきっかけ

そんな彼が資格取得するきっかけが、私が危険物取扱者乙種4類の資格取得する勉強を

しているという話題でした。

ビルメン4点セットの資格の中では最も取り組みやすい上にガソリンスタンドなどでは

時給がちょっとだけ上がったりと優遇される資格です。

この危険物乙4の資格の勉強でユニバースリサーチというサイトでWEBで模擬試験

というサービスがあり、過去の試験問題を無料で挑戦できるという素晴らしいものです

このユニバースリサーチを私が利用していることを聞いた彼が気軽に見て

乙4と同じく危険物甲種の試験問題に挑戦したみたことで化学科で勉強した内容が

この資格でかなりの部分で出題されたことで、自分でもいけるんじゃね?と

思ったことが大きなきっかけになったようです。

  

www.universe-research.com

 

ニートから就職に向けた資格取得へ

危険物取扱者の資格についてはまた記事を書きたいと思いますので省略しますが

彼はなんだかんだで危険物甲種を一発合格、ニートだった彼には大きな自信になったと

言っておりました。

危険物取扱者の資格を取得したことでガソリンスタンドのアルバイトがすんなり決まり

資格取得の資金稼ぎが出来るようになり、セルフスタンドでバイトをするか

ビルメンで正社員を目指すかという話をお互いにするようになってました。

フリーターよりは正社員をという話になり、ビルメンでは必須とされる

第二種電気工事士の取得を目指すということで職業訓練校に通うことにしました。

ビルメン4点セットの中では技能試験の存在もあり取得が難しいため職業訓練校は

おすすめです、職業訓練校の受講者合格率をある程度目標にしているようです。

職業訓練校の講師の熱心な指導の甲斐もありこれも順調に一発合格。

その後、2級ボイラー技士試験も順調に合格した上で三種冷凍の講習会を受講し

ビルメン4点セット取得の見通しが付いたところでビルメンテナンスの会社へ

就職活動することにしました。

 

f:id:bak3:20190207155711p:plain

 

フリーターからビルメンへの就職活動

就職活動といっても彼の生活は自分の部屋が中心、当然PCを使った就活です。

基本はリクナビNEXT、エン転職などのサイトを利用しビルメン会社へ応募。

職歴なしのニートなのでリクナビNEXTでは職歴の項目があり断念。

エン転職は職歴の項目がないので助かったと言っておりました。

また、就活では必須になる履歴書に使用する写真はスーツを着用して写真店で撮影

DVD-Rに焼いてもらったそうです。

これが意外に便利でWEBでの応募や紙に書く履歴書のいずれでも使用出来ます。

スーツ着用で綺麗に撮ってもらった写真なので印象が良かったようです。

5社を応募しましたが4社目で内定、5社目は途中で断ったとのことでした。

 

employment.en-japan.com

 

まとめ

40代職歴なしニートというハードルが高い条件でしたが順調に内定、就職に至ったのは

40代、50代でも就職の芽があるビルメンテナンス業界ということもありますが

ビルメンを目指して資格をコツコツと取得した彼の性格や頑張りを評価されたことも

大きかったのではないかと思っております。

よく40代職歴なしで就職出来ますか?という質問がネットで散見されるので

今回実例として参考になる方がいらっしゃれば幸いです。